自営業のキャッシング注意点

消費者金融ランキング【最新版】

MENU

自営業のキャッシング・カードローン

フリーランス、個人経営、自営業と様々な業種において収入を得ている人もいますが、そのなかには資金繰りが苦しくなった、一時的なお金が必要としている人もいます。一重に言えば稼いでいる人もいれば、設けも少なく赤字続きという人も存在しているわけでもあります。

 

そこで審査が銀行系よりもあまめとしている消費者金融のキャッシングを、利用する自営業の方も増えているようです。しかし、低収入でもあるパート、アルバイトにおいても簡単に手軽にお金を借りることができるとしても、個人経営者にとっては至難の業とするケースも少なくないようです。ここでは自営業のキャシングの注意点をまとめてみましたので、今後の融資に失敗しないための参考としてご覧くださいね!

 

自営業がカードローンの申込みが難しい分けとは?

 

  1. 会社員とは別に安定した収入の見込みが不明確
  2.  

    自営業としている人は多く存在しており、小売店や小さなお店の経営、フリーランスとしてネットなどにおいて稼ぐ人など様々としています。その中で利益の低い、高い人などが存在していますが条件としている安定した収入に当てはまらない場合もあります。そのため必要書類も一般のパートやアルバイトも必要となることが考えられます。

     

  3. 返済能力に欠ける
  4.  

    審査に通らなかったケースでは、安定した収入の確認とされる書類が提出することができないとしています。また提出したとしても認められなければ却下となります。先月は高くとも今月は少ないとしていれば、お金を貸す側としては返済を前提としていることはもちろんでもありますので、返済能力が欠けているとみられても致し方ないようです。

     

  5. 継続年数が短い
  6.  

    特に事業を始めたばかりや1、2年ほどの年数では信用性が欠けてしまい、貸す側としては不安となる現状でもあります。最低でも5年ほどの継続年数であれば信用も高く、審査が通りやすくなるようです。

     

 

万全な用意で即日融資も可能?

 

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険・パスポートなど)
  • 所得証明書または確定申告書
  • 営業実態が確認できるもの(営業許可証、受注書、発注書、納品書、請求書、領収書関係などいずれか)

 

自営業の場合では総量規制対象外となりますので、年収の3分の1以上の借入も可能としています。審査結果によれば年収よりも高額な融資も可能としています。そこで上記の書類を事前に用意しておくことで早くに融資を受けることが期待できるとしています。