モビット審査落ちた、理由は?

消費者金融ランキング【最新版】

MENU

モビット審査落ちた、借り入れできない!

三井住友銀行グループのモビットカードローンは実質年率3.0%~18.0%、借入800万までとしており、やや金利や限度額が他社に比較すると優れているようです。そこで安心、信頼して融資を受けることができるとして利用している人も多くいます。

 

しかし即日融資を利用しようとしたがモビットの審査に落ちてしまったという人もなかにはいるようです。それなりに覚悟をしていたという人もいれば、なぜ落ちてしまったのかわからず不安となる人もいるのではないでしょうか。原因がわからず何度か申込みをする人もおり、また他社に切り替える人もいます。そこで落ちた理由をしっかりと把握することで、次回は失敗することなく融資を受けることも可能としています。

 

モビットのカードローンの申込み条件とは?

 

  1. 年齢満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
  2. 当社基準を満たす、アルバイト、派遣社員、パート、自営業者もOK

 

なぜモビットの審査に落ちた?理由を徹底分析!

 

  • パートやアルバイトで働いているもの安定した収入とは言えない
  • 勤続年数が短い
  • 他社からの借入を含め総量規制の対象ですでに3分の1の融資を受けている
  • 同時にまたは短い期間内に他社へ複数の申込みをしている
  • 信用情報機関に金融事故として記載されている
  • 申込書に偽りや不備がある

 

モビットに限らず審査のポイントとして信用、返済能力の2つが求められているようです。そこで審査基準とした詳細を詳しく知りたいと思っても、どこの消費者金融も公表していないのが実情となっています。そこでなぜ自分が落ちてしまったのか、わからずにいる人も少なくないようです。

 

上記にある理由が審査に落ちた理由が考えられるとしています。そしてモビットでは信用情報機関に与信をし、申込者の他社での延滞履歴や任意整理、自己破産、個人再生などにおいての事実など調べることができます。他の消費者金融の延滞であっても信用は低下し、債務整理においての金融事故として記載されている場合では消去されるまで融資を受けることはできません。

 

そして申込みの履歴も信用情報機関で知ることができますので、短期間での複数の申込みは今後の返済に疑問を抱く要素としています。消費者金融カードローンの審査の口コミなどでは、モビットは決して甘くはないが厳しくもないといった印象を受けます。

 

他社では落ちたが、モビットは通った!モビットはダメだったけど他社では融資を受けることができた!などとしており、他の融資条件などと比較してもそれほど変わることはありませんが、中小消費者金融に比べると基準は高めとしており銀行系と比較すれば低めとしているようです。