プロミス借り入れできない理由とは?

消費者金融ランキング【最新版】

MENU

プロミスに借り入れできない・失敗理由とは?

必要な時に24時間ほとんどのコンビニATMで、お金を引き出し借入することができる便利な消費者金融カードローンは多くの人が利用しています。正しい使い方で収入に応じた借入ができれば、とても重宝で1枚は所持しておきたいものでもあります。

 

しかし、プロミスで借り入れができなくなったという経験をお持ちの方は少なくないようです。急な入り用としている場合ではなんで引き出せないの?焦ってパニックとなる人もいるようです。そこで落ち着いて考えてみると原因を把握できる人もいれば、理由が分からないという人もいるのではないでしょうか。

 

教えて!プロミスで借入がストップした理由とは?

 

  • 借入限度額がいっぱい!
  •  

    以外に多いのがこのパターンでもあるようです。現在の残高を確認することなく必要なときに度々引き出している人では、知らずのうちに限度額いっぱいまで借入している人もいます。そうするとお金を必要としたときにATMで引き出そうとしても、借りることができず初めてその時点で気づく人も多いようです。

     

  • 総量規制により利用停止
  •  

    近年では消費者金融や銀行カードローンを複数利用している人もおり、そこでプロミスの限度枠に達していなくとも他社の借入を含め収入の3分の1を超える場合となった際には利用停止となってしまうことが考えられます。そして他社での借入の増額や返済能力に不安とした理由が見られた場合にも融資がストップすることもあります。

     

  • 度重なる延滞で信用悪化
  •  

    1回、2回はともかくそれ以上となると信用が低下し、連絡なし、電話にでない、延滞が長引くとした場合には借入ができなくなります。延滞しても多少の期限が過ぎながらも返済すれば利用停止とはなりませんが、それが度重なるとストップの可能性も大きくなります。

     

  • 金融事故に記載
  •  

    多重債務や他社からの借金で返済が困難な状態としたとき、法的手段でもある債務整理の任意整理、個人再生、自己破産を行うと信用情報事故として記載されてしまいます。プロミスにおいてもその信用情報機関から定期的に利用者の情報をチェックしていますので、記載が確認されれば消去されるまで今後の借入は難しくなります。

 

プロミスで利用停止を回避する!

 

  • 毎月の借入残高を確認する
  • 他社の借入金額を把握する
  • 返済が遅れそうなときは、事前に連絡を入れる
  • 多くのキャッシングカードを所持しない